結果

東京六大学野球 春季リーグ戦 対東京大学戦

CATEGORY:野球部               2017/04/15

日程 2017/04/15~16
結果 ○義塾 2勝
場所 明治神宮野球場

去る4月8日(土)、2017年度東京六大学野球春季リーグ戦が開幕し、4月15日(土)~16日(日)に弊部開幕戦である対東京大学戦が明治神宮野球場にて開催されました。

 <4月15日(土) 第一回戦 ○慶大 9 - 5 東大>

対東大一回戦は、1回裏、先頭の天野(環4)が四球を選ぶと、一死から柳町(商2)の適時三塁打、続く岩見(総4)の今季初本塁打で一気に3点を先制します。2回裏には四球で無死満塁の好機をつくると、柳町と郡司(環2)の適時打などで3点を追加し、さらに点差を広げます。中盤に4点を返されるも、5回裏には天野がリーグ戦初本塁打を放ち、再び相手を引き離します。8回表には柳町の好守も飛び出すなど、序盤の大量得点を守り切り、9-5で勝利致しました。

投げては、リーグ戦初登板の先発・関根(環1)が5回5安打1失点の好投を見せ、東京六大学史上4人目の1年生開幕先発勝利という偉業を成し遂げました。

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

計 

東大

0

0

0

0

1

3

0

0

1

5

慶大

3

3

1

0

1

1

0

0

x

9

 

<4月16日(日) 第二回戦 ○慶大 11 - 2 東大>

対東大二回戦は、2回表、先頭の岩見がソロ本塁打を放ち、さらに郡司・清水翔(総4)の連打などで満塁とすると天野が押し出しの四球を選び2点を先制します。3回表、連続四球で無死一二塁の好機を作ると、郡司の今季初本塁打で3点を追加します。さらに4回表、瀬尾(理4)と柳町の連打などで一死満塁の好機を作ると、連続四球と清水翔の適時二塁打で一挙5点を追加し、相手を突き放します。その裏に2点を返されるも、5投手の継投でリードを守りきり、11-2で勝利致しました。

投げては、先発の髙橋佑(環2)が5回2安打2失点の好投で、リーグ戦初白星を挙げました。

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

計 

慶大

0

2

3

5

0

1

0

0

0

11

東大

0

0

0

2

0

0

0

0

0

2

 

弊部にとって開幕カードである対東京大学戦で勝ち点を奪取することができ、今後の試合に弾みをつける快勝となりました。

この度も沢山のご声援を頂き、誠にありがとうございました。

 

4月22日(土)・23日(日)に行われます対立教大学戦でも、引き続き温かいご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

 

東京六大学野球連盟 ウェブサイト

慶應義塾体育会野球部 ウェブサイト

06-20170415-01-1.jpg 06-20170415-02.jpg
▲一回戦で1年生ながら先発し、
リーグ戦初登板初勝利を挙げた関根(環1)
▲一回戦でリーグ戦初本塁打を放った天野(環4)
06-20170415-03.jpg 06-20170415-04.jpg
▲二回戦で勝利を決定づける
本塁打を放った郡司(環2)
▲二回戦で先発し、
リーグ戦初白星を挙げた髙橋佑(環2)